糖質摂取を控えよう|血糖値を下げるコツを紹介

女の人

酵素ドリンクなら安心です

妊婦

妊婦さんでも、必要以上に体重が増加すると、難産のリスクが高まるので、体重の加速には気をつけなければなりません。お腹の赤ちゃんに栄養もしっかりと与えなければならない時期なので、酵素ドリンクを使ったダイエットなら、栄養価も高く最適です。

Read More

腸内環境を整えるサプリ

腹部

ビフィズス菌サプリは腸内環境を整えることが出来るサプリです。通常の食事からとる乳酸菌は腸に届くまでに死んでしまうこともありますが、ビフィズス菌サプリは生きて腸に届く様に工夫されているのでより効果を期待できます。

Read More

便秘の改善

婦人

便秘薬には刺激性下剤と機械性下剤の2種類があります。ただ、いずれの方法にしても便秘の根本的な解消にはつながりません。便秘薬を飲むよりも日頃の食事や生活習慣の見直しをして善玉菌を増やし腸内環境を整えるほうがおすすめです。

Read More

大豆製品の効能

サプリ

糖質吸収を抑える大豆製品

血液中のブドウ糖濃度が高い状態が続くと動脈硬化や糖尿病などの深刻な病気に繋がります。この血糖値が高い状態を防ぐ食品の一つに挙げられるのが大豆です。大豆に含まれる成分には血糖値を下げる機能も持っているのです。血糖値の急激な上昇を抑えるには、腸内で糖質を緩やかに吸収させる必要があります。大豆や大豆製品には、食物繊維が含まれており、これが腸内での糖質の吸収を緩やかにしてくれます。また食物繊維は消化されず、排出されるまで腸内に残るので長い時間、満腹感が得られます。そのため一度の食事で食べ過ぎてしまう、間食として糖分の多い食品を摂取してしまう、といったことも防げます。これらの作用から、豆腐、納豆などの大豆製品をとる事で血糖値を下げることができます。

朝食に大豆製品を

大豆製品は朝食にとる事で、より効果的に血糖値の上昇度合いを下げることができます。朝に大豆製品をとることで、先に述べた通り、食物繊維が腸内に残ります。これが昼食時に摂取した糖質の吸収も抑制するわけですが、同時に大豆製品には摂取した糖質の代謝を促進する効果もあります。糖質を代謝するにはホルモンの一種であるインスリンにより、糖質を脂肪に変えてエネルギーとして蓄える必要があります。食後、体内では血糖値を下げるため自動的にインスリンの分泌が始まりますが、腸内細菌からもインスリンの分泌を促す指令が体内に向けて出されます。この腸内細菌たちの動きを活発にするのが、大豆製品に含まれるオリゴ糖や食物繊維です。オリゴ糖自身は糖質の一種ですが、インスリン分泌を促しません。そのためデンプンなどから生成されたブドウ糖の代謝にのみ、インスリンを使うことができます。以上の、インスリン分泌に関する一連の作用が時間をかけて働くので昼食をとった時に、効率よく糖質を代謝することができます。このセカンドミール効果と呼ばれる作用を持つことからも、大豆製品は血糖値の上昇度合いを下げる食品として有用なのです。